売れ行き減少の紙の本、新たなチャレンジで販売方法はどうなっていくのか

本の販売は出版社が決めた値段で定価販売し

売れ残った場合には返品できるのが慣例となっている。

この制度は、日本のどこの書店でも同じ価格で

品ぞろえができるメリットがあります。

しかし、出版不況により紙の本の売上げは減少の一途を

たどり、ピークの半分以下に減っているのが現状です。

このため、書店からの返品率が高止まりになっています。

本のあとがきに著者自らこの状態を嘆き

読者に本の購入を進めていることもあります。

また、図書館の存在が本の売上げに影響しているとして

新刊本は一定期間図書館に置かないとする意見も

出ています。

このような現状の中でアマゾンは、試験的に本の買い取りを

行う方針を打ち出しています。

売れ残った本を返品するのではなく

初めから本を出版社から買い取ってしまうという方法です。

出版社にとって返品がなくなるのは望ましいことですが

それでは売れ残った本はどうするのか。

当然定価を下げて販売することになります。

安く本が買えるのは読者にとってありがたいことです。

この販売方法によるメリットとデメリットが試験販売により

明らかになっていくことでしょう。

このような買い取りによる販売方法が定着していくのか

あるいは元の販売方法に戻るのか

あるいは併用販売になっていくのか

今後の議論、動向を見据えたいと思います。https://www.suburbanexpress.co/yosan/